当たる占いと口コミで評判のウルフカードを試してみるべき4つの理由

All Right

ブログ

当たる占いと口コミで評判のウルフカードを試してみるべき4つの理由

ウルフカードリーディング

2019/02/08 当たる占いと口コミで評判のウルフカードを試してみるべき4つの理由

ウルフカードという超マイナーなカード(一応、タロットのカテゴリです)。

マイナーゆえにそこにはチャンスがたくさんある気がしたんです。

最初にウルフカードリーディングをやってもらった時の衝撃、

「このカード、マジ、すごい!」

という感覚を伝えたくて、ウルフカードの体験者増やしています。

 

 

ウルフカードの初めての出会いはハワイ・マウイ島

 

ウルフカードの発祥はアリゾナ州セドナという場所ですが、わたしが初めてウルフカードと出会ったのはハワイのマウイ島でした。

当時、ハワイの島々を舞台にネイチャーアウェイクニングリトリートの主宰者として活動していました。

 

リトリートという言葉になじみがないかも知れませんね。

 

リトリートとは、日常のストレスのない環境でゆっくりと過ごし、

リラックスした時間と空間で、からだや心の動きをバランス調整、

大自然との調和のなかで、心身ともにリフレッシュすることです。

 

ハワイという恵まれた自然環境の中で、

自分らしさを取り戻すためのリトリートをやっていたんです。

 

そんなリトリートの期間中にわたしはウルフカードと出会いました。

 

 

衝撃のウルフカードリーディング初めてのセッション

 

reading

 

 

当時、マウイ島在住だったわたしのお友達とあるコーヒーショップでお会いした時に彼が持ってきていたのが最初の出会いでした。

カードリーディングとかが嫌いではない(むしろ好き)なわたしは、彼が手に持っていたそのカードが気になり、「それはなに?」と尋ねたのがそもそものキッカケです。

で、自然な流れでカードリーディングをやってみることに……。

 

まさかその時は自分がこのカードリーディングやるなんて思ってもいませんでした。

 

 

自分で選んだ8枚のカード……彼が1枚ずつ手に取り、リーディングしてくれました。

過去の出来事を告げられた時に、全身鳥肌が立ったのを今でも忘れません。

 

「なんでわかるの?」

 

それしか言えないくらいに、過去のわたしの状況をウルフたちは示していたからです。

人には言っていない(言えない 笑)過去の出来事を言い当てられ、もう苦笑い。

怖いくらいに的確にわたしの過去を言い当てるウルフたち。

あまりの的中率に「このカード、マジ、ヤバくない?」と何度思わされたことか。

 

カードリーディングが終わる頃には

「このカードが欲しい!!!」

と彼に取り寄せてもらうようにお願いするほどになっていました。

 

 

未来の場所に位置するカードには、今の仕事を誰かと組んでやるというようなメッセージもありました。

実際、ウルフカードリーディングをやってもらった後に、リトリートのビジネスのパートナーが現れてふたりでリトリートをやるようになっていました。

 

そう、未来のカードも気づけば的中していたのです。

 

 

わたしがウルフカードリーディングを始めた4つの理由

 

awareness

 

日本ではウルフカードリーダーが不在だった

マウイ島にいる間にウルフカードを手にしたわたしは、

日本でカードリーダーがいるのかさっそく調べてみました。

わたしが調べたところ、ウルフカードリーダーはおろか、

このカードを持っている人さえいませんでした。

 

 

100%いなかった、とは言い切れませんが、少なくともわたしが探した中では

このカードを使ってカードリーディングをしている人は見つけられなかったのです。

それくらい日本ではマイナーなカードでした。

 

 

一応、タロットというカテゴリのカードですが、やっている人がいない、ということは

新たに始めたとしてもライバルは不在です。

参入障壁の低さ、比較する人がいないという2つの理由から、

ウルフカードリーディングをやってみよう、と決意しました。

 

言葉で説明されているのでカードリーディング初心者でもやりやすいと感じた

他のタロットカードと比較して、このカードはとても分かりやすくできています。

他のタロットカードのように、絵柄のメッセージを読み解くものではありません。

 

tarot

 

すべて文章によって表現されているので、誰もが理解しやすい構造になっています。

 

もちろん、相手の状況に合わせて言葉をアレンジする必要はありますが、

言葉を頼りに相手の心に深く入っていくことができるので、

リーダーのわたしだけでなく、クライアントにとっても深く理解できるのが利点だと感じます。

 

高い的中率

signal

 

 

正直、「当たる、当たらない」というのが注目されますが、

ウルフカードに関して言えば、「当たって当たり前」だと思っています。

カードをシャッフルするのも、山を分けるのも、カードをピックアップするのも、

リーダーであるわたしではなく、すべてクライアントが行います。

 

つまりクライアントの潜在意識がピックアップした8枚のカードなのです。

ですから、「当たる、当たらない」ということよりも、

カードのメッセージはクライアントの意識の表れだということです。

 

それをどう伝えるかはリーダーの資質や経験にもよると思いますが、

基本的な大筋を外すことは決してないと思っています。

占いというよりも、カウンセリングという感覚のほうが近いと感じています。

 

センスがある、ないに関係なく、ウルフカードリーダーを養成しやすいのも特徴のひとつです。

慣れてしまえば誰でもリーディングすることができるし、自分で自分をリーディングすることも簡単にできます。

ほかのタロットとの決定的な違いはまさにここにあると信じています。

 

気づきが多く、「スッキリしました!」とお客様の満足度が高い

refresh

 

 

ウルフカードのメッセージにしたがって、心の中を紐解くカウンセリングが得意なカードです。

確かに、恋愛や人間関係のご相談だと「お相手の気持ち」が気になるところだと思います。

しかしそれさえもわたしの経験上、すべての物事は自分自身に100%責任がありますし、

すべての物事は自分自身で引き寄せていることだという前提でカウンセリングさせていただきます。

 

 

ですからお相手がいるような恋愛問題や人間関係の問題に関しましても、

自分自身の本当の気持ち(心)に気づくこと、気づきによって意識を変えることで

解決の方向へと進むことがほとんどなのです。

 

 

気づくと人はスッキリしますし、その瞬間、エネルギーがガラッと変わります。

結局人の悩みというのは、モヤモヤした気持ちの悪い心の状態から解放されたい、という思いです。

他者に依存することなく、ウルフカードは自分で自分に気づくこと、

自分の運命は自分自身で切り開いていけるということを教えてくれます。

 

 

わたしの人生の主人公はわたし自身なんだ、と強く背中を押してくれる。

それがなによりもウルフカードリーディングの最大の武器だと感じています。

 

 

ぜひあなたもウルフカードリーディングを一度体験してみませんか?

 

セッション代金:9,000円+交通費実費
セッション時間:約60分

 

【 セッション場所 】
都内近郊(東京・埼玉・神奈川等)のカフェやホテルラウンジ等でセッションさせていただきます。
詳しい場所はセッションのお申し込みをいただいた方に個別にお知らせさせていただいています。
3名~の人数を集めていただいてのウルフカード体験会、また地方での招致セッションもご相談ください。

 

☆過去の招致実績☆
北海道札幌市、群馬県高崎市、愛知県名古屋市、大阪府大阪市、兵庫県芦屋市、香川県坂出市

 

【 こんな人におススメ! 】
・なんだかモヤモヤしている。
・未来に漠然とした不安がある。
・過去のトラウマに引っかかっている。
・これからどうしたらいいのか悩んでいる。
・今の状況を整理して、前に進みたい。
・理由はわからないけど直観的に惹かれる。
・日本ではまだ新しいウルフカードそのものに興味がある。

 

【 キャンセル規定 】
セッションの前日よりキャンセル料(セッション代全額)が発生します。
二週間以内に代替日を希望される場合にはキャンセル料は発生しません。

 

 

TOP