アクセスバーズ™は怪しい?胡散臭い?危険?実はこういうものです

All Right

記事一覧

アクセスバーズ™は怪しい?胡散臭い?危険?実はこういうものです

アクセスバーズ™

2019/02/02 アクセスバーズ™は怪しい?胡散臭い?危険?実はこういうものです

アクセスバーズ™を検索すると、

「アクセスバーズ 怪しい」「アクセスバーズ 危険」「アクセスバーズ 胡散臭い」

というキーワードが出てきます(苦笑)。

 

 

いやー、わかります。その気持ち、よーくわかります (笑)。

だってそりゃそうですよね、頭に触れるだけで思い込みが消えるだなんて!

そんなわけないじゃん、と思うほうが普通かも知れません。

 

 

そもそもアクセスバーズってどんなものなのか?

その理論理屈的なことをお伝えします。

 

 

そもそもアクセスバーズってどんなもの?

 

access
 

アクセスバーズは、ひと言で表現すると「脳のデトックス」です。

脳をデトックスって? どういうこと? と思いますよね。

 

 

言葉は理解できるものの、その言葉の意味するものがわからない。

なんかとっても大がかりなことをする感じに聞こえます。

 

 

脳のデトックスという言葉をもう少し詳しく表現するなら、

思い込みや固定観念をなくす、トラウマの除去、ストレス緩和、引き寄せの強化……など。

意識全体をなにひとつジャッジがない、ニュートラルな状態にするということです。

 

 

でも実際にやることと言えば、

上の図にもあるように、頭にある32のポイントをただ軽く触れるだけ。

 

 

それで脳のデトックス? 嘘だ! 怪しい!! 胡散臭い!!

まぁ当然と言えば当然のリアクションかも知れません。

 

 

脳をゼロポイントに近づける重要性

 

わたしたちは日々、意識するしないに関わらず、情報を無意識のうちに受け取っています。
特に子どもの頃の親との関係や環境において無意識に自分をコントロール(制限)している自分がいます。

 

それが本来の自分ではないということさえ気づかずに、潜在意識に蓄積されたジャンクな意識なのです。
その意識が自分の可能性を制限して、生活における様々なことを滞らせているとしたらどうでしょうか?

 

例えば、恋愛のこと、人間関係のこと、仕事のこと、お金のこと。

 

思うようにいかないのは、本来の自分ではないジャンクな意識を手放していないからなのです。

 

人生における「振り子の法則」ってご存知でしょうか?
2つの振り子の違い、わかりますか?

 

furiko
 

右側は大きく揺れていて、左側は小さく揺れていますよね?
振り子をどちらかに引っ張ると引っ張った分だけ反対方向に揺れ戻ります。
これは物理の法則です。

 

引っ張れば引っ張った分だけ、振れ幅も大きくなります。
感情にも同じことが言えますし、実は引き寄せの法則にも同じことが言えるのです。

 

感情も振り子と同じです。
ネガティブでもポジティブでも、どちらかを感じるような出来事があったとしましょう。
するとしばらくして反対に揺れ戻るような出来事に遭遇します。

 

以前、私は大きな勘違いをしていました。
ポジティブな感情でいないとポジティブな引き寄せが起きないと思い込んでいたのです。

 

無理やりポジティブ思考になろうとしたり、ポジティブな感情を常に感じるように頑張っていました。

 

でも頑張ってポジティブでいようとするほど、その後にネガティブな出来事を引き寄せてしまいます。
本当にジェットコースターみたいな毎日で一喜一憂し、心が疲れてしまいました。

 

emotion
 

では、どうすればいいのか?

 

振れ幅を小さくすればいいんです。
振れ幅を小さくするということは真ん中の状態でいる(静寂・穏やか)ことを心がけるということです。
この絵で言えば、感情を振れ幅が小さい振り子の状態に近づけるということです。

 

結局、良いこともあれば悪いこともある、それが人生です。
できるだけ感情を浄化して、ゼロポイントに近づければいいのです。

 

アクセスバーズは思考の浄化です。
不必要な思考や感情、過去の体験で無意識に作ってしまった人生のコントロールドラマを浄化します。
回数を重ねれば重ねるほど、浄化されていくでしょう。お勧めはとりあえず5~7回続けてみることです。
人生が思うように運ぶようになり、引き寄せパワーもアップしている自分に気づくのではないでしょうか。

 

ハワイの感情の浄化、ストレス管理の秘法『ホオポノポノ』もこれと同じようなことです。
古代ハワイの知恵である『ホオポノポノ』も、ハワイと繋がりが深い私はお伝えすることができます。

 

情報過多の時代です。
特にテレビから流れるネガティブな情報を知らず知らずのうちに溜め込んでしまっています。
それによってネガティブな思考や感情のエネルギーが普通になって気づかない洗脳状態になっています。

 

その多くの情報は今のあなたには必要ないものなのではないでしょうか?
不必要な情報に縛られて心配性になっていたり、漠然とした恐怖を抱えたりしていないでしょうか?
不必要な情報(ゴミ意識)を溜め込み過ぎると、人は慢性的な不快感、ストレスを感じます。

 

不必要な情報は「思考の癖」となって潜在意識に落とし込まれ、人生全般に大きな影響を与えます。
アクセスバーズで不必要な情報を消去することで、あなた本来の健全な意識状態となるはずです。
意識をゼロポイントにリセットすることで、人生に革命が起きるかも知れません。
しかし効果には個人差がありますので、必ずしも効果を保証するものではありません。
でもそれさえも、すべてを疑う、という思い込み、脳の癖の強さによるものかも知れませんね。

 

 

アクセスバーズと東洋医学の深い関係

 

polarity
 

 

アクセスバーズはポラリティセラピーのひとつだと考えられます。

 

日本ポラリティセラピー協会のサイトによると……

「ポラリティ」とは「極性」を意味し、人間の体の磁場の極性を利用したボディワーク(手技)などにより、体のエネルギーの流れとバランスを整え、心身両面の治癒と健康を促進します。

気の流れが妨げられると体や心に反映し、こりや痛みや病気となって現れます。エネルギーの滞りを無くし、その人本来の自然な気の流れを回復することにより、生命力を増し、自然治癒力を高め、心身両面の健康を促進するのがポラリティセラピーの目的です。

 

「エネルギーの滞りを無くし、その人本来の自然な気の流れを回復する」というのは、

中国医学の経絡(ツボ)を刺激する鍼灸の考え方だったり、

人体のエネルギーの出入口チャクラを整えるインドのアーユルヴェーダによく似ています。

 

 

セッション開始の際、まず最初に眉間(印堂、第3の目、第6チャクラ)に触れます。

セッションの最後には、第7チャクラ(クラウンチャクラ)を開いて宇宙と繋げます。

アーユルヴェーダの考え方と非常によく似ています。

 

 

セッション中に触れるバー(エネルギーポイント)は、経絡(ツボ)を点ではなく線としてとらえ、

触れていくことで感情や思考も含めたからだ全体のエネルギーバランスを整えようとするわけです。

 

 

思考と感情、感情と肉体はとても密接に繋がっています。

思考、感情、肉体3つが統合されたひとつのエネルギーシステム、それが人体というものです。

 

 

頭のポイントに触れることでエネルギーが放電し、脳のストレスが緩和されます。

からだの司令塔である脳のストレスが緩和されることで自然治癒力が働きます。

アクセスバーズの誕生はアメリカですが、東洋医学やポラリティセラピーに非常に近いものです。

 

 

「怪しい」「胡散臭い」「危険」と思う心の正体

 

risk_safe
 

「怪しい」「胡散臭い」「危険」という想いは誰にでもあるものです。

その背後には、いくつかの心理的理由があるとわたしは考えています。

 

 

五感で感じないから

アクセスバーズはエネルギーワークですので、目で見ることができません。

目で見ることができれば人はとても納得します。

目で見るだけでなく、基本的に五感で感じ取れないものに人は本能的に疑います。

 

 

自分が知らないこと、体験したことがないことだから

未知なるものはそれだけで人の心はどこかで恐怖を覚えます。

恐怖に挑もうとするチャレンジ精神がある人であればいいのですが、

そうでない人は自分の世界から排除しようとしてしまいます。

 

今の時代、ネットで見た意見、感想、評判など、自分に都合のいいものが選択できます。

ネガティブな想いにプラスしてそれを同様に批判する他者の意見があれば同調しやすくなります。

 

目に見ることができないエネルギーはないものとしたほうが楽ですし、

「怪しい」「胡散臭い」「危険」と言っておけばそれ以上考えないで済むから好都合なのだと思います。

 

 

最後は自分。すべてはあなたの想いが現実化しています

 

devil_angel
 

 

疑ってしまうものを疑うなとは言えません。

ただ「怪しい」「胡散臭い」「危険」だと思うのであれば、それはある意味、チャンスだと思うのです。

 

 

人にはそれぞれその人なりの考え方、価値観、観念があります。

そういうものを一度リセットして今までとは違う自分自身を創造するのがアクセスバーズです。

信念、ものの見方、ジャッジに対し、「本当にそう?」と今までの自分の意識に挑むこと。

それが自分自身の限界点を超え、気づきを与え、自分自身を解放するのだと思います。

 

 

自分自身の世界を変える、というのは「疑いの向こう側」の世界へあえて行ってみる。

リスクだと思うことをあえて挑戦してみる、そういうことだとわたしは信じています。

 

 

あなたの世界はあなたの意識の賜物です。

あなたは見事な創造主として自分の世界、人生を創り上げているのです。

 

 

わたしは信じています。人は「体験」がすべてだと。

コンセプトにもしている「わたしはわたし。自分らしく生きる。」という言葉。

すべては今の意識を超えたところ、未体験を体験に変えたところにあるものだと思うのです。

アクセスバーズは新たな自分を創造していくツールです。

ぜひ怪しくて、胡散臭くて、危険な世界へと一歩踏み出してみませんか?

もしかしたらその一歩があなたの世界を飛躍的に広げてくれるかも知れませんよ。

 

 

 

 

TOP